好きな仕事

何でもですが、好きなことや好きなものは、いつでも楽しみながらできますね。

嫌いなことや嫌いなものは、いつでもそばにあるだけで憂鬱です。

それだけ人間は自分の好き嫌いを知っているということですね。

人間は、赤ちゃんの時から、ずっと寝かされたままだったり、オムツもぐずぐずしてきたり、喉が渇いてきたりしたら、動きたいし、気持ち悪いし、何か飲みたいのでワーワーと泣いて保護者に訴えますよね。

それも、かなり大声で何回も訴えます。

これが、個人の天然の主張です。

どんな人でも持っています。

ですから、毎日大変な仕事をしなければ、お金が稼げないのですから、

そんな大変な仕事を毎日するのですから、好きなことでなければ、やっていられません。

故に、大好きな仕事をしましょう。

それが、社会にも迷惑をかけずに、さらに社会にも貢献できるようになるのですから、一石二鳥ですね。